色づく世界の明日からのアニメ13話(最終話)感想 お墓参りは誰の?

 

動画配信サービスではなくテレビ放送を観たわけですが、衝撃的で書かずにはいられなかったため、書いてしまいました。

 

その作品の名はアニメ『色づく世界の明日から』で13話(最終回・最終話)です。

 

 

色づく世界の明日からの13話(最終話)を観て感動・面白い!

 

 

あなたは色づく世界の明日からの13話『色づく世界の明日から』を観ましたか?

 

個人的には、キレイに終わってヤバいです!

 

そして、話の最後の方で月白瞳美が墓参りした墓は誰のかも気になるところだと思います。

 

私が13話(最終話)を観て感じた良かった部分は、以下3つのシーンとなります。

 

 

唯翔・瞳美、両想いになる

 

瞳美が未来に帰る時のシーンです。

唯翔『好きだよ、瞳美』

瞳美『私も、大好き!』

というはっきり告白・口にしたのは良かったです。ただ、両想いになっても過去と未来、別れがあるのが辛かったです。

 

 

未来の琥珀から過去の琥珀にメッセージ

 

瞳美が未来に帰った後に未来の琥珀から過去の琥珀にメッセージが来たのが良かったです。

 

『KOHAKU LEVEL77』で時間も60年後なのも良いですし、琥珀の喜ぶ顔も印象的でした。

 

 

エンディングの入り方

 

オープニングテーマ主題歌『17才』の流れるタイミングも良いですし、

『海が青くて良かった。
空が青くて良かった。
あなたがくれた色、私の明日にはたくさんの色がある』

の瞳美の想いの後にエンドロール・スタッフロールになるのも映画みたいでジーンときました。

 

 

色づく世界の明日からのアニメ13話(最終話)で瞳美が墓参りしたのは誰の?

 

 

色づく世界の明日からのアニメ13話(最終話)で瞳美が墓参りした墓は誰のかは、個人的には葵家(葵唯翔)の墓だと思っています

 

瞳美の母親、魔法写真美術部(旧)の誰か、琥珀の両親や祖母なども考えられますが、母親については瞳美自身が『琥珀と一緒に探す』と明言していましたし、墓前では彼女1人しか居ないため母親説は低いと思われます。

 

それに、すでに亡くなっているなら、何で瞳美が知らないかも謎ですし、仮に一緒に探して亡くなっていることが判明しても制服が夏服のままなので、時間の経過はそんなにない気がしています。

 

しかも、あおいゆいとの絵本の次のシーンでしたし、涙を浮かべているのも印象的です。未来に戻った時に最も再会したかったと思われる人物でさらに色が見えてた本の作者だっただけに再会が叶わない望みと分かったからと思うと残念です。

 

 

色づく世界の明日からの13話(最終話)を視聴した感想

 

 

色づく世界の明日からの13話(最終話)を視聴して、キレイに終わって良かったと思いました。

 

絵はキレイでしたし、エンディング・歌も良く、1話1話は少し物足りない部分はあったものの、全体的なストーリーとしては良かったように感じます。

 

長い旅を終えて瞳美は変わった・成長したのは良かったですが、ただ、瞳美と唯翔の恋はせつなかったです。

 

アニメ『色づく世界の明日から』は、『アマゾンプライムビデオ』で配信されているので振り返りたいと思います。

 

アマゾンプライムビデオの公式サイトはこちら

 

※ 本ページの情報は2019年1月5日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライム・ビデオサイトにてご確認ください。

 

 

おわりに

 

今回は色づく世界の明日からの13話(最終話)感想を思いがあふれてつい書いてしまいました。

 

色づく世界の明日からを観直したいと思います。

 

 

アニメを観るならおすすめ動画配信サービス

コメントを残す

CAPTCHA